≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

デキル仕事人養成講座

ちゃんと(適切に)反省しないと、何度も何度も間違いは繰り返されます。

例えば仕事上で何か失敗をしてしまった時、
誰でも反省をするものだと思います。

会社に損失を出してしまった…
お客様に迷惑をかけてしまった…
次はやらないようにしたい…

そう、誰でも落ち込み、反省するものです。

でも、、、、

反省の仕方が間違っている人がいます。

例えば「何かを忘れて迷惑をかけた」場合、
「これからは忘れないようにします!」って皆さん言うことと思います。

でも、忘れちゃいけない事を忘れるのがあなた。
あなたの言う「忘れないようにします!」は全く信用できません。
既に忘れちゃいけない事を、忘れちゃったんですから。
他の人が忘れない事を、あなたは忘れたんですから (≧∇≦*)

では、この場合の『本当の反省』とは?

そう、忘れた原因を〝ちゃんと突き止める〟ことです。

例えば…

①普段はきちんとしているけど、本当に希に起きたうっかりミスなのか
②そもそも聞き違い・勘違いをして『受けたつもり』でいなかったのか
③すぐ出来ると思って口頭で受けて、書き留めなかったから漏れたのか

他にも原因は考えられるでしょうが
だいたいそのミスに至る、自分の仕事の癖や考え方が
悪く作用した場合にミスは起きがちだと思われ、
それとちゃんと向き合わないと再発防止策にはなっていないのです。
『原因』が分かって初めて『対策』ができます。

例えば…
◎これからはどんな事もメモする
◎メモもそこら辺の紙に書かずに、手帳に記入する
◎手帳に書けない状況なら、手に書いてすぐ転記する
◎聞き違いをしないように、復唱する癖をつける

こんな感じの具体的な対策をして初めてミスは無くなります。
そしてそれが信用に値する報告であり、説得力もあるってもんです。

ミスをすると誰でも動揺するものですが、
言い訳や自己保身に一生懸命になったり、
必要以上に打ちひしがれたような態度をとったり、
そんな事に労力を使うより、潔く認めて、ちゃんと反省することが大切です。

◎そそっかしい・軽率だ
◎雑である・適当だ
◎思い込みが激しい・よく話しを聞かない
◎分かったふりをする

自分の性格で上記のようなところがある方は要注意。
失敗を繰り返す可能性が高いですね。
でもそれを『自覚』すれば、注意ができる。
そこに真剣に取り組むことが大切です。

本当の自分を知る努力ですね♪

なかなか出来るようで出来ないことですので
是非、身に付けて欲しいと思います(*^ー゜)v

ミスばっかり!

2014年12月25日

成功したいと思う人だけが成功する。本人の本気がすべての大前提です。

息子が学童野球をはじめた訳ですが
母、そこから学んだり、考えさせられることが多々あります。

というより、野球でも、会社でも、家族でも、どの場面どの集合体でも
「求められていること」や
「成功するための考え方や行動」は
すべて共通しているのだということに改めて気付きました。

自分自身がどっぷりはまっている環境だと
案外客観視できなくなっていたりするのかもしれませんが、
学童野球においては『主役は子ども』で『それ見ている自分』がいて、
そんな構図に出会ったからこそ、色々気付きが多いのかもしれません(* ゚ー゚)

レギュラーになりたければ、うまくなるしかない。
チームに貢献したければ、うまくなるしかない。
自分のせいで負けるような目に遭いたくなければ、、、
そう、うまくなるしかないのです!!!

うまくなりたければ、うまくなるための努力をすればいい。
すぐにうまくなりたければ、練習量を人の5倍に増やしたり、
なかなか癖が直らなければ、練習法を変えたり、人に相談したり、
自分の身になるやり方に本気で取り組むはずです。

でも、なかなか腰があがらないのはなぜか?
それはやっぱり『本当にうまくなりたいとは思ってないから』だと思うのです。
本人に尋ねれば『いや!うまくなりたいよ!!』と言うと思いますが、
本当にそうだったら動ける筈ですよね。

監督やコーチに「練習しろよ」と言われたり、
家族に「素振りしなくていいの?」と言われたり、
それでやっと動くようでは『本気』ではないのです。

そう考えると、親がフォローできるのは
『いかに本気にさせるか』のお手伝いに尽きると気付きました。
相手が子どもだから、親も頑張りようがあります( ̄^ ̄)ゞ

では大人はどうでしょうか。

会社を見回しても『本気じゃない人』
案外たくさんいませんか?
本気を求められずに大人になってしまい、社会に出てしまった人。

なぜ、ここで努力をしない?
なぜ、このままにする?

仕事の成果がでないのなら、練習でしょう?勉強でしょう?
周囲のデキル人からは逆に『どうして努力しないの?』
そんな風に思われていることと思います。

仕事にやらされ感や義務感、
反抗心なんかがあるともう終わりですね。
絶対『成長』はしないと思います。

大人だからこそ『本気になれば』結果がでやすい。
お金も時間も仲間も先輩もいる。
自分の裁量で、結果を導くことは必ずできます!
若いうちなんかは特に『寝る間も惜しんで勉強する』とか
『プライベートも全部そこにつぎ込む』とか
そういうこと、ぜんぜん出来ちゃいますよね。

今、立派なあの人も、尊敬してるあの上司も、
かつてそんな努力をした結果、そして努力を続けている結果、
今の姿があるのだと思います。

本人が深く気付きを持てればかならず成功する!
自分のプライドにかけて、
ビジネス場面での自分の価値を是非あげて欲しいと思います。
その方が仕事が、会社が、楽しいにきまってます(*゚v゚*)ノ

目指す

2014年10月16日

出世欲、物欲、金欲、すべてを仕事のエネルギーにかえて頑張ろう。

『おとなしい人』=『優しい人』

ちょっと極端かもしれませんが
一般的には持っている特徴や風貌から
そんな風にカテゴリー分けされる気がします。


大きい声は出さない
控えめで自分の主張などしない
誰かを責めたりなんて絶対しない
言い合いになれば必ず折れる、、、

あなたの周囲にいるそんな人、
「優しい人」と思われてませんか (*´ο`*)

一方

自分の意見はズバッとはっきり言う
他人への助言も躊躇せず言う
少々の事ではへこたれない
いつも前向きで悩みなんてなさそう

そんな人は「強い人」と言われ
「強い人=怖い人」なんて思われがちです (`Д´)/



でもでも!!!
本当にそうでしょうか???


必要な意見があっても自ら発言しない人は
誰かが言うだろうと
ベタッと寄りかかってる可能性もありますし、
そもそも気付きもしないなら
それはそれで能力不足という意味で問題です。

おとなしい事は決して「善」ではありませんっ!!

会議の場では一切話さない
何か質問すれば黙ってうつむく
大きな問題が起きたら打ちひしがれる、、、

そんな事では仕事は進みませんし、
一緒に仕事をしていても楽しくない。
責任ある立場で部署を引っ張る事なんてできないですね。

がむしゃら!とか、根性!とか
ガツガツした感じって、今時は格好悪いのでしょうか。
さりげなく、普通〜に、なんとなく、
そんな『雰囲気』がイケてるのでしょうか。

さら〜と、淡々と、自分なりに、、、
そんな若い人が多いような気がしますが、
仕事ってそういうものではないような気がします。
外に出さなくても、内に秘めたものであっても、
「欲」がなければ成長も成功もないのではないかと。

男子たるもの(女子もだけど)
もっと欲を持ってやってみましょう!
出世欲、成功欲、物欲、金欲、すべてエネルギーにかえて
ガンガンお仕事してみたらどうでしょうか。

あくまで私の身近で感じるには
女性の方がしっかりきっぱりしている気がします。
男子、がんばってください!!!

hanasu

2014年6月11日

仕事が出来る社員が「自分なりに頑張っています」を使わない理由

『自分なりにやっています』

よく若い人が言う言葉です。
いや、若くなくても誰でも使いますね。
あなたもきっと、
言ったり、言われたりした事があるかと思います。

「自分なりにはよく考えました」
「自分なりに頑張ってるんだけどな~」
「自分なりに努力はしています」

( ̄ー ̄)ゞ

しかし。

この言葉ほど発する人によって内容が違ってくる
言葉はないのではないでしょうか。
曖昧で不確かな表現です。

自分のやり方で、
自分の考えで、
自分のいいと思う方法で、
自分の精一杯で、

という事ですよね、「自分なりに」って。

それって人によって
ほんとうに雲泥の差。
思考の深さも、努力の量も、
人によって大きな違いがあると思います。

「自分なりに」
この言葉を使うシチュエーションとしては

「ちゃんと努力したの?」
「はい、自分なりに  ( ̄ー ̄)ゞ 」

「なんで事前に分からなかったの?」
「自分なりには考えたんですけど…  ( ̄。 ̄;)  」

「一生懸命さが足りないよ!」
「いや、自分なりには一生懸命やってます  (・`ω´・)  」


およそそんな感じでしょうか。
とても言い訳っぽいですよね。

「私はダメ出しをされているようですが、
全くやってない訳では決してなく、
自分なりにはやっています。
でも、求められているよりも
少しだけ足りなかったっていう事でしょうか…」

そんなニュアンスを醸し出したい時に
「自分なりに」を使うんだと思うのです。

…………まったく意味ないですね。

また、別な捉え方で考えると、
本人は自己保身・自己肯定で言っているつもりが
「私の能力・努力の上限はここです!」と
敢えて示しているとも考えられます。
それもとてもトホホな仕事人。

仕事では常に高い水準を目指していく、
そんな姿勢が求められている訳ですから
甘ったれた「自分なりに」など
どこにも、誰にも、一切通用しないのです!

特にビジネスの場面では
安易に使わない方がいい言葉だと私は思います。

自分自身が「これが私の精一杯」などと
能力の限界や仕事の範囲を
決めつけてしまわない方が
絶対良いにきまってますっ ( ̄_ ̄)v

iiwake

2014年4月24日

ビジネスマンとして目指すべき姿「使える人=察しの良い人」になろう

「察しの良い人」というのは
その場にあった行動がさささっとできる人です。

相手の状況を推し量り、
気を利かせることができる人。
「あんた気が利くね~!!!」と
先輩に重宝がられること請け合いです。

ビジネスマンとしては目指すべき姿。
そんな人に是非なりたいですね♪

自分はそうじゃないなぁ、と思っている方、
諦めないでください。
これは訓練で出来るようになると思います。

相手の様子をよーく観察するのです。
目の動き、表情、声色など…
よーく見ていると意図をくみ取れるようになります。

ただぼーっと見ていてもダメです。
「くみ取ろう」と思って本気で見るのです。
そうするとだんだん分かるようになってきます。

「急いでいる人の前でのーんびり話す」

「とっても忙しそうな人に向かって
「今よろしいですか」といつでもいい話しをする」

「もう飽きてる人の前で長々と話しを続ける」

「ピリピリしてる人の前で大笑いする」

そんな、空気を読めないなぁ!と
相手をイライラさせる言動も
一切なくすことが可能です。

あなたがどんな立場でも
必ず先輩や上司がいることと思いますが、
だとしたら「何を望んでいるのか」を常に気にして
120%気に入られる行動をしようと頑張ってみてください。

これはゴマをするのとか媚びを売るのは違います。
「仕事を円滑にまわす」ためには必要なこと。
仕事の一環だと思って努力する事をおすすめします。

「やりやすい子」と思われれば
仕事のチャンスも増えるってもんです。

是非、今日から努力してみてください(*゚v゚*)ノ

気が利く人

2014年3月7日

即刻甘さを捨てるべし。同じ注意や督促を何度も繰り返しさせない。

再三にわたって注意を受けても、
何度も他人に迷惑をかけても、
それが必要だと理解したと思ったのに、
何度も何度も同じミスをする人がいます。

それも「ミス」と言うほど大袈裟なものでなく
「忘れました」のレベルの失敗。

それを忘れたために、
相手に迷惑をかけた。

それを忘れたために、
相手に失礼にあたった。

「忘れるたびに信頼を失うんだ」

そう理解した筈なのに、
直せない。

忘れないためには
「逐一メモをする」
「スケジュール表を新調する」
「すぐやる」
「グーグルの定期的な予定に入れる」

色々な方法があると思いますが
その対策をせずに、
「あ!また忘れました」となる ┐(’~`;)┌


そしてこういう人は
決して少なくないな、という感想です。

「忘れない」ということに
高度な能力は必要でしょうか……?

まったく必要ないですよね。

何度注意されようが
それを直せない人は、
「忘れちゃいけないんだ」という事を
結局は軽視しているのだと思います。

涙を流してお詫びしても、
本当に申し訳ございません!!!などと言っても、

本気で直したいなどとは
微塵も思っていないんだと思います。

社会人になって
お給料をもらいう身として
この姿勢はもうありえない。
即刻その甘さをぶっつぶすべきですね!

何度も許されるなどとは思わないことです。
子どもじゃないんですからヽ(`д´;)/

忘れん坊

2014年2月18日

たくさん注意された人がより成長する。指摘は有り難くいただこう。

注意・指摘をされるのは誰でも嫌なもの。
でも、必要以上に恐れる必要もないと思います。

仕事をしていて注意されるということは
自分よりも仕事の進め方だったり、社会での礼儀だったり、
こうするとこうなる、という見通しのできる先輩から見て
「気になった」ということ。

「あなたはまだ知らないだろうから教えてあげるね」
「その進め方だとこんな失敗につながるかもよ」
「そのやり方だとお客様にこういった迷惑がかかるかもね」
ということです。

その具体的なアドバイスが「注意・指摘」です。
言い方が厳しくても、優しくても、
受け取り方は同じで良いのではないでしょうか。

注意にビクツクということは
「注意された内容をよく理解して反省する」ことよりも
「わぁーーー注意されたーーーー!!」と
いっぱいいっぱいになっている状態。
つまり、仕事上の役割をすっかり忘れて、
自分中心になっている証拠です。
話しの要点以外のところに、気持ちがいっている状態です。
「仕事」の話しからそれている状態です。

注意をした際に、
いちいちオーバーなリアクションをする人は
正直に言っちゃえば
なんだかちょっと面倒くさい。
「いいかな、これは言わなくても」と思います。
それって「損」をしているのが分かりますか?
小さな成長のチャンスを逃しているのですから。

注意されたら、次から気を付ければいい。
ただそれだけのことです。

たくさん注意された人の方が、より成長します。
事例で覚えていくことが何より近道です。

注意を受けたり、誰かに迷惑をかけたり、損失を出した人は
「この痛い思いは絶対に二度としたくない」と思います。
だからぐんと成長するのです。

注意をされるのは大嫌い!!
誰かに自分の仕事の指摘をうけるのが嫌!!
私はそういうタイプだ、という方は
尚更自分の仕事の精度をあげていくことですね。
「絶対指摘を受けない仕事」を本気で目指して欲しいと思います。
その心がけは決して悪いことではありません。

でも、指摘を受けたことは
きちんと受け入れる「素直さ」も大切です。
仕事をしていく上で一番!といってもいいくらい大切なもの、
そう、感謝の気持ちです。

結論。
注意されても、ビビらない。
注意指摘は有り難くいただく。
聞き流すのは別の意味でダメでしょうけど
緊張しすぎずに受け取れるようになってください (*゚v゚*)ノ

スクリーンショット(2014-01-28 11.44.03)


2014年1月22日

言われたままではなく言葉の後ろにある「本当の意味」を読み取ろう。

その日は出来上がった媒体が会社に届く日でした。
フリーブックをトラックから降ろす作業、
ちょっとした肉体労働です。

「フリーブック届きました〜!!」という声とともに
どどどーと1階に降りるスタッフ。

ふとみると、制作スタッフが数人、
机に座ったままカチカチと作業中。

「ねえ、手伝わないの?」
気になった先輩が聞きます。

「木曜日は制作はいいって言われてるので…」

木曜日は毎週発行のチラシの締切日で
確かに制作が一番忙しい日です。
それを考慮した先輩の誰かが「制作はいいよ」って
きっと言ったのでしょうね…
先輩なりの優しい気遣いです。


でも!!!!!!!


よーく考えてみて欲しいのです。

いくら締切日といったって、
お客様の校正を待たせている、
本当に1分2分すら惜しいほど忙しい日もあれば、
そうでもない日もある。

先輩は確かに「制作は木曜はやらなくていいよ」と言った。
でも、その言葉のまんま受け取るのではなく、
こう受け取って欲しいのです。

「制作は今日は忙しそうだね。
それをおしてまで、手伝ってくれなくても
今日は大丈夫!営業がやっておくからね。
それほど忙しくない日は勿論手伝ってね。」と。

そしてそれほど忙しくない日であれば
是非是非率先して手伝いに行って欲しいのです。

「荷物を運ぶ」等の誰でもできる作業は
語弊を恐れず言ってしまえば
会社(社会)でいえば、下位の者がやる仕事。

上司に汗かかせて動かせて、
自分が座っている不自然…
それに是非気付いて欲しいのです。



123


上司が偉い!と言っているのではありません。
上司も、さらにその上位者には気を遣っている筈。
そして新人の頃は「何でもやりますっ!!!」と
率先して、先輩の仕事をうばっていた筈です。

そういう「気持ち」が大切だという話です。

「気持ち」があれば、
ちゃんと分かっていれば、
いざという時にちゃんと動ければ、
先輩だって上司だってカバーします。
肉体労働だって、単純作業だって、
喜んで手を貸してくれることと思います。


よく「こう言われたので…」と言う人がいますが、
言葉の後ろにあるもの、
実際発せられた言葉以上に、
背景や状況、本音、そういったものを
くみ取れるようになりましょう。
それが出来る人が、本当のお利口さんです。
是非、新人さんにはそうあって欲しいと思います。
その力をつけるには
「たくさん想像すること」です。
今までの経験からは養えなかったものが
社会にはいっぱいある、だからこそ、
相手の立場にたって想像すること、なのです(・∀・)ノ

………………………………………………………………………

栃木のお仕事を探すなら【ビジュアルジョブ】で!
簡単登録で“営業マンのここだけの話”が見られますよー
https://visual-job.net/

2013年10月10日

悪しき習慣を変えよう。整理整頓はたとえ苦手でもしっかりやろう!

整理整頓

私は整理整頓が好きです♩

でも、好きじゃない人が周囲にたくさんいます(泣)


例えばハサミを使いたくて、
ある筈の場所に取りに行ったけど………ない (´・_・`)
そういう状況は人をとてもイライラさせます。
「ハサミ使った人だれ〜?」とか
「どこにあるの〜?」とか
そんな事やってる時間が惜しい、惜しい。

モノを探している時間ほど
非生産的な時間があるでしょうか。
使ったら戻せばいいのに!!!
そんな簡単なことをしない人が多いのです。

ハサミなら「専務、細かいなぁ…」で済むかもしれません。
でもハサミを戻さない人は、
会社の重要書類もきっと戻しませんし、
お客様から借りた大切な資料も無くすかもしれません。
人の習慣なんてそう簡単には変えられません。
いつでも「元に戻す」
それが当たり前じゃなきゃダメなのです。

敢えて厳しい事を言いますと、
会社においては、あなたのだらしなさが他人の迷惑になる。
「自分がそういうタイプなので〜」とか
「でも無くしはしないんですよ〜」とか
そんな言い訳が許されはしないのです。
だらしない職場では必ずミスや事故が起こります。
今まで起きなかったのは、たまたまだと思った方が良い!

机の上は、その人の頭の中とおんなじです。

“さあ、今すぐ会社の机を見渡してください!”

尊敬する先輩の机の上はどうなっていますか?
仕事ができる先輩の机はきっときれいな筈です!
机の周辺が常にごちゃごちゃになってる人は、
仕事の優先順位や段取りがなされてない、
スレスレの状態で仕事をしている人なんだなーと
思って是非注意を欲しいと思います。

整理整頓は「できない」のではなく「やらない」だけ。
そこに能力は関係ありません。
効率の良い仕事と気持ちの良い職場環境のために、
是非あなたも整理整頓を実行しましょう(・v・)ノ☆

………………………………………………………………………

栃木のお仕事を探すなら【ビジュアルジョブ】で!

簡単登録で“営業マンのここだけの話”が見られますよー

https://visual-job.net/

2013年9月20日

親しき仲にも礼儀あり。気さくな雰囲気に甘えない節度を。

うちの会社の場合、を例にとりまして
「親しき仲にも礼儀あり」をお話します。

当社はスタッフ同士の関係がラフで濃密であるため、
社長のことも「社〜長〜〜〜っ!」なんて呼べたり、
専務をからかってみんなで爆笑したり、
先輩の肩をポーンをたたいたりもできちゃう、
そんな気さくな関係性の仕事場です。

それはうちの会社の「良いところ」なのです。

が、

そんな関係だからこそ、
きちんとすべき所はおさえる、
「けじめ」が大切だというお話です。

親しげにしているのは、
会社の風土であり、経営者が作ってきた環境。
堅苦しくて緊張感ばかり漂う職場は
仕事もやりにくいし、あんまり楽しくないよね?
という訳で敢えて作ってきた雰囲気です。
それに甘んじて、節度無く接するのは
ちょっと違う、勘違いするなよ〜という話しです。

ご馳走になったらお礼を言う。
挨拶の時はきちんとお辞儀をする。
仕事の話になったら敬語を使う。

それすらも親しさ故におろそかにする、
そういう人は「愚かな人」という烙印を押されます。
社会は他人の集まり。
会社の上司や社長は、あなたの親でも姉でもありません。
ただ、「親のように思ってくれている」
「姉や兄のように接してくれている」だけです。
その厚意に、子どものように甘えてはいけないです。

仕事は本来厳しいもの。
そして上司や年長者は敬うものです。
だから「ゆるくする」のと「きちんとする」のと
バランス感覚が求められるのです。

うちの会社風土を例にお話しましたが、
いろんな場面で間違ってしまっている人がいます。
親しいからいいんだよね?と
だらだらゆるゆるの付き合い方をしてしまう。
それはダメなんだと知って欲しいと思います。

適度にラフに付き合える後輩は
先輩に大変可愛がられます。
またあまり堅苦しくない人なつこい営業マンも
お客様に愛されるものです。

でもそれは「適度」かどうかが重要です。
その感覚を磨いて欲しいと思います。

親しき仲にも礼儀あり、です。
というよりも、
親しいからこそ礼儀あり、です。
それを忘れないように可愛がられましょう♩

礼儀

2013年9月10日
新規ユーザー登録ログイン