≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

仕事を頼みやすい奴になりきる事!何を頼まれても「笑顔」で応えよう。

あなたは上司に何か頼まれた時、
まさか〝嫌な顔〟はしていませんよね???

会社で何か頼まれる時。

それは私がすっごくやりたかった事♪だったり…
ゆ〜っくり仕上げてくれればいいよ♪っていう納期だったり…
先輩が楽し〜い感じで愉快に指示をくれたり…
そんな事は普通あるワケないですよね、仕事ですから。

だいたいは、急ぎ!だったり、
あんまり気が乗らない仕事だったり、
厳しい口調で「メモとってね」とか言われたり、します。

だからこそ、「素」の自分で対応すると
「嫌な顔」をしがちなのですね。

そこで必要なのが「嫌な顔を絶対しない!」と
常に意識をして(緊張感をもって)いることなのです。

会社に来たら「仕事を頼みやすい奴」になりきる事。
「あいつには仕事が頼みやすいなぁ〜」と
先輩や上司が思うような部下になろうと努力してください。
次々に雑用が舞い込むような部下を目指してください。

雑用ばかり頼まれると「損」をするのでしょうか?

答えは「NO」です!

たくさん仕事を頼まれると、
急がないと自分の持っている仕事が終わらないので
急ぐようになります。
仕事にスピードがつく。
そして「効率」を考えるようになります。
多くの仕事を抱えた方が間違いなく能力はアップします。
これは経験上も間違いありません。

そして、頼まれた仕事が例え「雑用」であっても、
それを通じて、先輩の貴重な体験が聞けるかもしれない。
ついでに「興味があったら読んでもいいよ」って、
その資料をもらえるかもしれない。
「ちょっと一緒に来て」って
普通行けない場所に連れてってもらえるかもしれない。
また、いい仕事をすれば、先輩の中での評価がグンとあがり、
次に大きなチャンスをもらえるかもしれない。

1つも損はしません。
大きな大きな「得」をするのです。

だから今日から「嫌な顔」は絶対しない!
何を頼まれても「最高の笑顔」で♪

笑顔でたいていの大変な事は乗り切れるものですよ〜


P1040678

こーんな笑顔はダメですよ〜(≧∇≦)

2013年7月1日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

深澤明子(株式会社ビジュアル専務取締役)

深澤明子(株式会社ビジュアル専務取締役)

誰でもみんな「さすがだね!」と言われる仕事がしたいと思っています。後輩に尊敬にされ、上司に認められ、お客様の役に立ちたい!素晴らしい仕事人になりたい!と本気で望んでいます。でも、なんだかうまくいかないのはなぜなのか?考え方がほんの少し変われば、行動も、結果も変わります。これまでの自分の体験や社員教育の視点から、「仕事ができない人が、できる人に大変身する」ための小さな提言をさせていただいてます。比較的若くて一生懸命な君に、そして我が社員のために、愛を込めて送ります。

新規ユーザー登録ログイン