≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

悪しき習慣を変えよう。整理整頓はたとえ苦手でもしっかりやろう!

整理整頓

私は整理整頓が好きです♩

でも、好きじゃない人が周囲にたくさんいます(泣)


例えばハサミを使いたくて、
ある筈の場所に取りに行ったけど………ない (´・_・`)
そういう状況は人をとてもイライラさせます。
「ハサミ使った人だれ〜?」とか
「どこにあるの〜?」とか
そんな事やってる時間が惜しい、惜しい。

モノを探している時間ほど
非生産的な時間があるでしょうか。
使ったら戻せばいいのに!!!
そんな簡単なことをしない人が多いのです。

ハサミなら「専務、細かいなぁ…」で済むかもしれません。
でもハサミを戻さない人は、
会社の重要書類もきっと戻しませんし、
お客様から借りた大切な資料も無くすかもしれません。
人の習慣なんてそう簡単には変えられません。
いつでも「元に戻す」
それが当たり前じゃなきゃダメなのです。

敢えて厳しい事を言いますと、
会社においては、あなたのだらしなさが他人の迷惑になる。
「自分がそういうタイプなので〜」とか
「でも無くしはしないんですよ〜」とか
そんな言い訳が許されはしないのです。
だらしない職場では必ずミスや事故が起こります。
今まで起きなかったのは、たまたまだと思った方が良い!

机の上は、その人の頭の中とおんなじです。

“さあ、今すぐ会社の机を見渡してください!”

尊敬する先輩の机の上はどうなっていますか?
仕事ができる先輩の机はきっときれいな筈です!
机の周辺が常にごちゃごちゃになってる人は、
仕事の優先順位や段取りがなされてない、
スレスレの状態で仕事をしている人なんだなーと
思って是非注意を欲しいと思います。

整理整頓は「できない」のではなく「やらない」だけ。
そこに能力は関係ありません。
効率の良い仕事と気持ちの良い職場環境のために、
是非あなたも整理整頓を実行しましょう(・v・)ノ☆

………………………………………………………………………

栃木のお仕事を探すなら【ビジュアルジョブ】で!

簡単登録で“営業マンのここだけの話”が見られますよー

https://visual-job.net/

2013年9月20日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

深澤明子(株式会社ビジュアル専務取締役)

深澤明子(株式会社ビジュアル専務取締役)

誰でもみんな「さすがだね!」と言われる仕事がしたいと思っています。後輩に尊敬にされ、上司に認められ、お客様の役に立ちたい!素晴らしい仕事人になりたい!と本気で望んでいます。でも、なんだかうまくいかないのはなぜなのか?考え方がほんの少し変われば、行動も、結果も変わります。これまでの自分の体験や社員教育の視点から、「仕事ができない人が、できる人に大変身する」ための小さな提言をさせていただいてます。比較的若くて一生懸命な君に、そして我が社員のために、愛を込めて送ります。

新規ユーザー登録ログイン