≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

出世欲、物欲、金欲、すべてを仕事のエネルギーにかえて頑張ろう。

『おとなしい人』=『優しい人』

ちょっと極端かもしれませんが
一般的には持っている特徴や風貌から
そんな風にカテゴリー分けされる気がします。


大きい声は出さない
控えめで自分の主張などしない
誰かを責めたりなんて絶対しない
言い合いになれば必ず折れる、、、

あなたの周囲にいるそんな人、
「優しい人」と思われてませんか (*´ο`*)

一方

自分の意見はズバッとはっきり言う
他人への助言も躊躇せず言う
少々の事ではへこたれない
いつも前向きで悩みなんてなさそう

そんな人は「強い人」と言われ
「強い人=怖い人」なんて思われがちです (`Д´)/



でもでも!!!
本当にそうでしょうか???


必要な意見があっても自ら発言しない人は
誰かが言うだろうと
ベタッと寄りかかってる可能性もありますし、
そもそも気付きもしないなら
それはそれで能力不足という意味で問題です。

おとなしい事は決して「善」ではありませんっ!!

会議の場では一切話さない
何か質問すれば黙ってうつむく
大きな問題が起きたら打ちひしがれる、、、

そんな事では仕事は進みませんし、
一緒に仕事をしていても楽しくない。
責任ある立場で部署を引っ張る事なんてできないですね。

がむしゃら!とか、根性!とか
ガツガツした感じって、今時は格好悪いのでしょうか。
さりげなく、普通〜に、なんとなく、
そんな『雰囲気』がイケてるのでしょうか。

さら〜と、淡々と、自分なりに、、、
そんな若い人が多いような気がしますが、
仕事ってそういうものではないような気がします。
外に出さなくても、内に秘めたものであっても、
「欲」がなければ成長も成功もないのではないかと。

男子たるもの(女子もだけど)
もっと欲を持ってやってみましょう!
出世欲、成功欲、物欲、金欲、すべてエネルギーにかえて
ガンガンお仕事してみたらどうでしょうか。

あくまで私の身近で感じるには
女性の方がしっかりきっぱりしている気がします。
男子、がんばってください!!!

hanasu

2014年6月11日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

深澤明子(株式会社ビジュアル専務取締役)

深澤明子(株式会社ビジュアル専務取締役)

誰でもみんな「さすがだね!」と言われる仕事がしたいと思っています。後輩に尊敬にされ、上司に認められ、お客様の役に立ちたい!素晴らしい仕事人になりたい!と本気で望んでいます。でも、なんだかうまくいかないのはなぜなのか?考え方がほんの少し変われば、行動も、結果も変わります。これまでの自分の体験や社員教育の視点から、「仕事ができない人が、できる人に大変身する」ための小さな提言をさせていただいてます。比較的若くて一生懸命な君に、そして我が社員のために、愛を込めて送ります。

新規ユーザー登録ログイン