≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.39 困難や逆境を笑い飛ばす。

ビジネス上でも、もっと広い意味で人生においても、ネガティブな感情に支配されたり、八方塞がりかのような厳しい局面に立たされる事が誰にでもあろうかと思います。そんな状況を簡単に打破する方法をご紹介します。かつて私自身が気付き、自ら助けられ、そして今でも実践してる方法です。マイナスな言葉の最後に「なんちゃって」をつけて完結させる、つまり冗談にして消化して気持ちをリセットさせる、というやり方です。「もうこんな会社なんか辞めてやる!・・・なんちゃって。」「あー、もう何もかもぶんなげたくなっちゃった・・・なーんてね。」という調子です。仕事上の壁にぶつかる度にいちいち「辞めよう」としていては何も得られません。逃げ道を塞いで「続ける」と腹を決めるからこそ、粘りや知恵が出てくるのです。逃げ道を準備しながら人は頑張れる筈もなく、それは空気穴の空いた風船のような不安定で不確かなやる気です。次から次へとやってくる壁を爽やかに乗り切る為に、困難や逆境を笑い飛ばせる精神力を養う為に、馬鹿馬鹿しいと思わずに「なんちゃって」を使ってみて下さい。否定的な言葉や暗い表情をふりまいては周囲も不愉快ですし、何より自分自身が不幸です。どうせやるなら楽しく、明るく前向きな方が気持ち良いに決まっています。例えば疲労困憊の際、「あー疲れたーちくしょー」と明るく大きな声で皆のいる前で叫んでみて下さい。それはもう愚痴ではありません。明るく屈託ない笑顔は周囲も自分も幸せにするのです。

2005年6月29日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン