≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.56 自分の事で周囲に迷惑をかけない。

 今日は仕事が立て込んでいて、ミスが起きそうだな…」「慌てて出て行ったけど、事故を起こさないといいんだけど…」誰もが想定できる危険な状況で、シナリオ通り失敗する人がいます。どんな時でも自分のペースややり方を変えない、リスクを予測して対策を講じない人は仕事が出来る人とは言えません。

 安心感・安定感のある人というのは、そういった安直なミスを絶対にしでかさない信頼感があるのです。同じ人ですから、体調の悪い時もあるでしょうし、気分の乗らない日もある。目先の仕事に追われる日もあり、運転中に眠くなる事だってある訳です。

 但し、その状況の受け止め方と行動が違うのだと思います。結局は「自分に甘いか厳しいか」という事になるのかもしれません。

●運転中に眠くなる→絶対事故は出来ないから→車を止めて眠気を覚ます→事故を起こさない

●運転中に眠くなる→自分なりに眠気と戦う→うっかり居眠をする→事故を起こす

 誰にも迷惑をかけない、誰かに過剰に世話をかけない事は、まず最低限必要な心構えです。自分の事がきちんと出来て初めて、周囲に気遣いをしたり優しくできるのです。

 会社での立場や守るべき家庭など、多くの責任を背負って生きている人ほど自覚があり、必然的に自分に厳しくなっていくのかもしれませんね。中身の子供っぽい型だけの大人は早めに卒業したいものです。

2006年11月13日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン