≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.25 仕事を楽しむ人の輪。

職場での人間関係では常に「仕事」が真ん中にあります。職場の先輩や後輩・同僚というのは、仕事を通して喜びや苦しみや充実や達成感を共に味わう仲間という前提です。ですから仕事を日々一生懸命にこなし、新たな目標に向かって前向きにチャレンジしているような社風(人の輪)の中では、定刻までほどほどに仕事をしたい人は居心地が悪い思いをするでしょうし、反対にやる気に溢れた活力のある人は、旧態依然とした活気のない職場にはきっと永くは居られない事と思います。自主退社してゆくスタッフに辞める理由を尋ねると、たいがいそのズレを自分の解釈で正当化したような答えが返ってきます。退社するのも、主張するのも勝手ですが、自分の中に続かなかった理由を見い出して反省できない人は、どこに移っても同じ事の繰り返しになるであろうと予測されます。楽しんで仕事をしている人はとても魅力的です。そして仕事を楽しんでいる人は例外なく仕事のできる人です。なぜ仕事を楽しめるのかと言えば、自分の内面で「仕事を楽しむ」しくみをしっかり構築しているからだと思います。向上心や達成感等のプラスのイメージを常に自分の中に持っている事ができる人です。そんな仕事を楽しむ人の輪を広げていく事が仕事をする楽しみとも言えるかもしれません。

2005年6月29日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン