≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.94 感謝は探してでもしよう。

うちの8歳と5歳の子供達は、

「出来るようになったら自分の事は自分でやる」というルールで、

小さいながらも家の中の仕事を分担して、

出来る事をやってくれています。

 

「甘えさせてあげる」というのは

「本当は自分でできるのに、やってくれてありがとう。」という

理解がある前提でこそ生きるものじゃないかな、と私は思っています。

 

一人前になっても親と一緒に住んでいる場合、

お母さんが当たり前にご飯を作ってくれて、

置きっぱなしにしたものは片付けてくれ、

洗濯機に入れておけば洋服もきれいに畳んで戻ってくる。

疲れた顔をすれば気遣ってくれ、

お金に困ったら援助もしてくれる。

 

でもこの感覚を社会に求めるようになったら酷いものですよね。

会社の上司が食事をご馳走してくれるのは、

上司だから当たり前でしょうか?

机上の整理整頓を求められ不機嫌になってはいませんか?

お金を安易に借りてはいませんか?

困難にぶつかった時、誰かのせいにしていませんか?

 

「感謝」の反対は「当たり前」だそうです。

かいがいしく世話を焼く人が周囲にいると、

感謝の感覚はどんどん鈍化していくものかもしれません。

自分の事を気遣い、何かと世話を焼いてくれる人の存在は

決して当たり前ではありません。

お姫様や王子様じゃないんですから…。

 

2010年2月16日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン