≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.81 自分の人生は、すべて自分の責任。

まず危険予知、危険回避という事について。

蒟蒻ゼリーを喉に詰まらせて亡くなる事故がありましたが、

これはスプーンで食べさせるなりの対策をすれば防げた事故で、

恐らく多くの母親は「あげた親が悪いよ」と思った事と思います。

製造中止だのという話もあがりましたが、

危ないと言えばお餅もうどんも魚の骨も、

アレルギーなんかの方がもっと危ないです。

食べ物以外でも小さい子供にとっては楊枝も鉛筆も割り箸も、

身震いするほど危ないものですが、

それらを全部排除するなんて無理な話ですよね。

また幼児の車の事故も親が防げます。

目を離さなければ、手を離さなければ良かっただけです。

子供を例にとると分かりやすく親に責任が求められますが、

大人になってからだって、危険や誘惑だらけです。

自分の責任において、自ら正しい判断や行動をしていかなければ、

安全には生きられないし、永続的に安定した生活を手に入れる事は

出来ないんだと思います。

昨今の不景気や失業問題についても、

自責の考え方で行動しないと、今回ばかりは乗り切れない。

まずます他に責任を転嫁してる場合じゃない世の中になってきたと思います。

業績の悪い会社も、頼りない旦那さんも、出来の悪い奥さんも、

選んだ責任は全て自分にあり。

文句や愚痴をぶちまけても、多少すっきりする位で全く解決はしません。

自分の力では防ぎようのない境遇もあるのかもしれませんが、

大抵は自分の考え方や生き方が招いた結果として

今の状況があるのだと思います。

自分がどう考えて、どう決断してきたかが、

自分の人生の全てだと思うのです。

2009年1月22日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン