≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.89 自分の存在を客観視する。

今これを言うべきか、聞いている人の空気はどうか、

みたいな小さな事であっても、

客観性を持っていない人の言動は幼稚な印象を与えるもので、

そんな会話をする人には、

いい仕事をしてくれそうな印象はとうてい持てません。

 

とは言え自分の性格とか気質とか表現の方法とか、

あまり良くないなーと思う所があっても、

まず簡単には変える事は出来ません。

でもそうである自分を知っていれば、

セーブする事は出来ますよね。

問題になってしまう前に気を付けたり、

手を打つ事は出来る訳です。

 

「自分の主観なんですが」と求められもしないのに披露したり、

複数の人がいる場では、立ち位置を把握できずに

見苦しい振る舞いをしたり、

自分の仕事の落とし穴に気付けずに、

出来るつもりで甘い仕事をしていたり。

「冷静に評価してるのは引いて見ている他人だけで、

本人は全く気付かない」みたいな状況だけは、

とっても恥ずかしいと思うのですがどうでしょうか。

 

自分の欠点や弱点をよく分かっているというだけで、

その欠点や弱点は半分に軽減したのも同然だと思うのです。

それは人間としての深みや仕事の未熟さに至っても同じ事。

人は永遠に進行形なんだとしたら、

未熟な事はちっとも恥ずかしくない、

それを知らない事だけが恥ずかしいんだと思います。

考えすぎて萎縮するのでもなく、

さらっと本当の自分と向き合っている人が

本物の大人なのではないかと思います。

 

2009年8月20日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン