≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.102 自分より細かい人に合わせる

例えば誰かと待ち合わせをした場合。

約束の時間の2〜3分前に到着することが出来て

「よかった!間に合った!」とこちらは思っても、

相手は「ギリギリに着いてだらしないな。

5分前に着いていて当然だろう…」

と思っているかもしれません。

 

また、借りた本を丁寧にお礼を言って返しても、

自分では全く気付かないほどの傷に、

貸してくれた相手ががっかりしているかもしれません。

 

こんな風に物事の捉え方は人それぞれで、

大雑把な人もいればとても細かい人もいる訳です。

プライベートで付き合う人は自分と似た感じの人を

選ぶものかもしれませんが、

仕事上の付き合いはそうはいきません。

だからこそ、自分の基準ではなく

「自分より細かい人」「自分よりうるさい人」に

合わせておくことをお勧めします。

 

先の例に挙げたような小さな不快感や不信感は、

敢えて口に出すことはないと思います。

しかし心に中にはしっかりと刻まれてしまうでしょうね。

お客様に対してこれをやってしまったら

大変な致命傷になることがお分かりかと思います。

おおらか、大雑把な人は、

決して本人に悪気がないだけに

特に気をつけたいものだと思います。

 

2010年9月28日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン