≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

Vol.110 仕事を先送りにしない。

仕事ができない人は、仕事を先送りにします。

やれば出来るのにすぐやらない。

その時点では「後で落ち着いたらやろう」などと思い、

でもいつになっても落ち着く事などない為に、

結局どんどん後手にまわって行き、

いざやろうと思う頃にはその仕事に対する理解も情熱も薄らぎ、

結局「ここはどうでしたか?」と愚かな質問をしたり、

自分個人の問題であれば、「もうやらなくてもいいかな…」などと、

どんどん怠け癖がついてしまうものではないでしょうか。

逆に仕事ができる人は常に仕事の取りかかりが早いものです。

 

仕事には「やりたい!」という熱意も、

「やらねばならぬ!」という厳しさも、どちらも必要。

その両方が身に付いている人とする仕事は、

ストレスがなく楽しく有意義です。

 

私は仕事に追いかけられるのではなく、

自ら創造するような仕事の仕方をしたいと思っています。

それには現状をテキパキとこなし、

その先の事に時間も頭を使える状態をキープすることが大切だと思います。

それも自分次第ではないでしょうか。

2011年7月1日

この記事を書いている人

デキル仕事人養成講座

管理者

管理者

新規ユーザー登録ログイン