≪戻る 次へ»
ビジュアルジョブお役立ちコラム

6月2010

Vol.99 正しい反省の仕方。

反省の仕方が間違ってる人がいます。

例えば「納期を守らなくて迷惑をかけたこと」の反省。

「これからは納期をきちんと守って、絶対に人に迷惑をかけません!」

これでは何の解決にもならないのがお分かりでしょうか。

 

そもそも納期を守るのが大切な事など、

とっくに分かっていた筈。

では何でそれなのに納期を守れなかったのか?

それにはいくつかの理由が考えられます。

 

1つ目に「納期を勘違いしていた」

2つ目に「スケジュール帳に付けるのを忘れていた」

3つ目に「スケジュール帳に付けたはいいが管理が甘かった」

4つ目に「まだ大丈夫だろうと思ったら

案外時間がかかって結果終わらかった」

まだまだ理由は考えられるでしょうね。

 

このように仕事のミスというのは、

ダメな仕事習慣や考え方の癖から発生しているもの。

先の例を的確に反省するとこんな風になります。

「私は日頃から思い込みが激しく、

今回も納期を誤って受け取るというミスをしました。

今後は過信せずに必ず納期や注意点はメモに書き記すようにし、

絶対に指示を取り違える事のないようにします」

こんな反省をしてくれる人は信じられますが、

反省が甘い人は、どんなに真剣な顔で謝られても全く信用できません。

これからも別な場面で同じようなミスを繰り返す姿が見えるようです。

 

2010年6月18日

必見!お役立ちコンテンツ

お仕事デビューサポートガイド

お仕事デビューに役立つ、履歴書の書き方のコツから、 応募時や面接時の注意点&ポイントを教えます!

【最新】とちぎのお仕事情報

みんなが気になる、最新のとちぎの求人情報をお届け♪ タメになるコラムも、随時更新中です!!

新規ユーザー登録ログイン