≪戻る 次へ»
デキル仕事人養成講座

デキル仕事人養成講座

自分のことをよく知る!そうじゃないと就職はうまくいきませんよー

せっかく就職できたのに、3ヵ月とか半年とか1年で辞める人がいます。
厚生労働省の調査によると、大卒新卒のうち、3年以内に仕事を辞めてしまう人は31.9%。
1年以内に辞める人が12.8%と、1年目に辞める人がもっとも多いのだそうです。

もったいな〜〜〜い (TwT)

そこに費やした自分の時間も労力ももったいないですし、
雇用した会社にとっても、教育投資だけしたような形になり、とてももったいない損失となります。

面接でよく話を聞いたんですよね?
他社との違いをよく検討したんですよね?
その上で納得して入社を決めたのですよね?

だけど「辞めたくなる」のはなぜなのか…
面接の際に会社が嘘を言った、入社してみたら全然違っていた、騙された〜(T▽T;) というケースも今時はあまりない筈です。
たいていは「自分の思い違い」が原因ではないでしょうか。
「思い違い=自分自身が自分という人間を思い違っている」のではないでしょうか?

自分を過信していた。
自分って結果が出せる人だと思っていたのに、ぜんぜんダメだった。通用しなかった。

未経験に飛び込んだものの、覚悟が足りなかった。
周囲についていけなかった。

残業OK!土曜出勤OK!それよりやりがいが大事!と思って入社したものの、
それがこんなにストレスになるとは。。。

自分で納得して入社を決めたのですから、たった数ヵ月で辞めることになるのであれば
それは「自分自身のことがよく分かってない」からでは?と私は思うのですよ。

プライベートの時間がたくさん欲しい人、とにかくなによりそれを優先したい方は、
職種へのこだわり、実力主義への憧れ、充実感、それらにこだわるべきではないと思います。
逆に「やりたい事をやりたい!何かなんでも!それが一番大事なの!」という方は
条件がいいとか悪いとか、休みがどうとか、残業時間がどうとか、そーいう事は考えていないと思うのです。

そこの見極め(自分の仕事観)をよく知らないから
就職・転職に失敗してしまうのではないでしょうか。

もちろん、その限りでなく、色々な事情もあるかと思いますが、
まず入口の時点で一番と言っていいくらい重要なのは、そこの見極めではないかと私は思っています。

是非、転職に成功して欲しいっ!!!
あなたのためにも、就職先の会社のためにも!!!

2017年8月29日
新規ユーザー登録ログイン